メイクを落とすことが治療になる

ファンデーションのような化粧品は肌に大きな負担をかけ、ニキビができる原因になります。しかしノーメイクで終始過ごせというのも難しいところがあります。このため、治療の一貫として、こまめにメイクを落とし、長時間メイクをそのまま残さないようにしましょう。もちろんメイクを落とすのは、外出から帰ってきてのタイミング。1日に何度も落とす必要はありませんし、そうした行為はかえって治療とは逆行します。夜、仕事なら帰ってきたところでしっかりメイク落としをすればOKです。メイクを長時間そのままにすると、化粧品が毛穴に詰まり、逃げ場を失った皮脂がニキビになることがあります。また、それがないとしてもターンオーバー(新陳代謝)が悪くなり、やはりニキビの原因になります。そうしたことがないように、メイク落としはちゃんとやるようにしましょう。面倒だからとそのまま就寝したりすると、仮にニキビができなかったとしても、ニキビのできやすい肌になってしまうわけですから。また、化粧品を変えたら急にニキビができやすくなることもあります。これは肌に新しい化粧品が合っていないため。しばらく使っても改善されない場合は使用を諦めることをオススメします。

睡眠不足解消が治療になる

生活のリズムは健康のさまざまな部分に影響します。睡眠不足になると特に健康の悪化が進みますが、このうち、肌にかかる影響というのもかなり大きいということを知っておきましょう。ニキビができているとき、睡眠不足を解消することは、極めて効果的な治療となるのです。それも、やたらと寝溜めをするのではなく、毎日決まった時間帯に就寝し、一定の睡眠時間を毎日コンスタントに取ることが大切なのです。人間の神経には交感神経と副交感神経の二種類があります。このうち、皮膚など脳以外の部分の修復に役立つのは副交感神経です。そしてこの副交感神経は規則正しい睡眠をとっている間に活発に働いてくれるのです。また、ホルモンの分泌も睡眠中がもっとも多く、要するに、眠っている間に治療は勝手にどんどん進んでいくわけです。ただし、先ほど書いた通り、とにかくたくさん眠れば治療になるというわけではなく、あくまでも規則正しい睡眠が求められます。夜10時から12時ぐらいの時間帯に就寝し、そこから6時間から7時間半程度の熟睡を毎日同じパターンでとっていくことが何よりも重要となります。睡眠の前には入浴で身体を温めるなど、寝つきをよくするための工夫も大切です。

 

背中ニキビ
http://www.apaofroc.org.tw/

 

ニキビと言っても背中のニキビが気になる人は背中に特化したサイトがありますのでそちらをご覧いただいた方がよさそうです。治療薬や治し方について詳しく解説しているサイトです。